FC2ブログ
 

おまけ生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうそんにだってぶたれたこと無いのに

20080908015023
ギャグは出来る出来ないじゃない、言うか言わないかだ!でもとうさんじゃなくて親父だった気がする…だってとうさんが出てくる童謡が浮かばなかったんだ…とうさん…童謡にすら…
ご無沙汰してました。久方ぶりの掴みがオヤジで申し訳無いね。
週末、馬籠に行ってきました。島崎藤村資料館があります。だからとうそん。目的は五平餅。だけ。
一応蕎麦屋らしいのだけど、私らの目当ては写メの団子五平餅。私はここのが一番好きなのです。ご飯のつぶし具合とタレの味加減、付き具合が好み。久々の団子五平は美味しくて懐かしかったです。食べ過ぎました…
せっかくだから、と藤村資料館まで歩いたのですが、すっかり観光地化してました…頼もしくもあり寂しくもあり…。栗鹿子やら栗納豆やら山栗やら買って寄り道をかなり満喫!が、手焼き実演していた煎餅屋を見つけて寄ってったら、なんか妙な感じ…店先に立つ親父は愛想が悪い訳では無いのに私達にはにこりともしない。差し出された籠に入った細かい煎餅のかけらもなんか取りにくい。店内に入っても「いらっしゃいませ」は聞こえない。居心地悪いな~となんとなく出口へ向かったら、店先の親父が笑顔でご婦人に接客中。私達に続いて入って来たおばあさん達で、試食ですと言って渡されてた煎餅は半分に割って紙に包んだもの…籠のかけら煎餅はどうした!?親指の爪ほどもないあのかけらは!その人達自身も戸惑った様子でした。私はちょっとショック過ぎてもう親父の顔は見れませんでした…そのまま店を出て、もう少し坂をのぼった資料館に近い方の煎餅屋で全員一枚ずつ買って、これみよがしに食べながら親父の店の前を通って帰りました。
大体さ~煎餅が土地の名物て訳でもないのに土産屋に軒並べてさ~ぶつぶつ。汗が背中伝う時節に、かき氷屋素通りで全員まっすぐ二軒目の煎餅屋に向かったわよ。実はそんなに食べたい訳でも無かった煎餅買ったわよ。ついでに土産まで買ったわよ!もう一軒は親切でほがらかな良い店でした。プライドの為に買ったのり煎餅もサクッサクで、こんなに水分抜けるものなのか~!と感心しました。美味しかったです!
私のブログは基本身内用で、ここを気にかけてくれる人にはたぶん口頭で同じ話をするのだろうけど、それでも書かずにはおれなかったのだよ。ただ、馬籠には煎餅屋が少なくとも二軒あって気持ちの良いおばちゃん達の美味しい店があると明記したかったのです。
それにしたってさ~ぶつぶつぶつ…あ~~腹立った!!!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。